バナー

貸工場の経営は収益性が高くて効率の良い手法です

土地と建物を所有しているものの、実際にはビジネスに活用できていないケースも少なくありません。

そんなときは、貸倉庫や貸工場経営が推奨されます。

資本投資はわずかで事業を立ち上げるきとができます。

それでいて、高い収益が期待できますので、懸命な土地活用法と言えましょう。



貸工場にはいろんなメリットがあります。
まずは、アパートや賃貸マンション経営に比べ、建設費が非常に安いですので初期段階で投資する費用が少なくて済みます。

また、ビジネスが始まってからも、日常のメンテナンスはさほど必要ではありませんし、リフォームのために引き当てる費用も安価に抑えることができます。

ここで、優良テナントが入れば、長期的な賃貸借契約が成立し、空室リスクが下がります。

そして、多くの人が指摘し恩恵を受けているのが節税効果です。

まずは相続税です。貸倉庫や貸工場用地は貸家建付地となりますので、万一、相続が発生した際は、更地よりも低い相続税評価として扱われます。

暮らしを豊かにしてくれるAll Aboutを知りたいならご活用ください。

さらに、小規模宅地を利用すれば200㎡以下の敷地部分に関しては、50%の評価減が受けられる事例もあるのです。


また、減価償却費が認められますので、もし不動産所得が赤字になったら所得税が安くなります。


ほかにも、事業用建物の場合であれば、消費税課税事業者の届出をすれば、建設時に支払った消費税の還付が受けられることもありますので、かなり有利となります。

千葉の貸工場は支持されています。

このように、貸倉庫や貸工場経営は多くのメリットに恵まれています。